【西尾会】 にしお弘道の活動ブログ

新しい発想と経験を生かして愛知県知多郡東浦町の“理想のまちづくり”を考えます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
26年度第2回(6月議会)東浦町議会定例会    2014/6/4(WED)
26年度第2回(6月議会)東浦町議会定例会が始まり、6/14〜6/17まで14日間開かれます。
一般質問は3番目にしました。
 1.まちづくりのワークショップについて
 2.高齢社会に対応する地域づくりについて
 3.アダプトプログラム(里親制度)について


24年度東浦町事業仕分け  東浦町文化センター 2012/08/18−19(土・日)
  事業仕分け対象事業の実施が文化センターで18・19日で開かれ、多くの傍聴参加がありました。
仕分けは、。横嫁度の行政評価事業数 343事業から 委員会で検討した基準により 40事業
 I活事業 14事業の追加 で 54事業  づ豈債仕分け委員会 最終は、14事業の仕分けが公開2日間で行われました。
 仕分け作業が終わり神谷町長のお礼の挨拶・コーディネーターの岩崎・大塚先生より講評があり全部が終わりました。
 内容概要は、―嗣瓜臆辰梁茖永發始まった町民代表の仕分け人・判定人の貴重な意見が今後の行政に多く課題が残った。
 9埓側の透明性、具体性に欠けた答弁が見られたっでも見える「見える化」すべき改善があったす埓側のコスト意識に欠ける点が見られた(民間手法の採用)
 ジ凝晴鶺△北瓩螢好拭璽箸垢戮点もあつた(PDCAが回転してない)少数意見でも今後採用すべきことも多々あり検討すべき点もある。
 東浦町流事業仕分けであり独自の流れを作るのも重要ある。・・・・・神谷町長からの自分自身が、変わらなければ何にも変わらず(改革進歩ない)出来ないと言われた。
 職員を含めポイントはその通りであり今後の変革を期待します。


24年度事業仕分け



愛知県議会二月定例会 一般質問         2012/3/1(THU)    
  愛知県議会の傍聴に参加しました。知多半島の議員が多く質問に立ちました。
長良川河口堰の開門調査・知多半島の水供給施設の耐震化・ため池の耐震化・県の有料道路事業
 (知多半島道路など)若者の就業支援について、愛知県の畜産業の振興など地元代表として質問に熱が入っていました。
 昨日から3日間に21人が登壇での一般質問でした。
議員の選挙区化の応援隊の支持者の方が団体で傍聴されていました。
 質問内容より登壇の晴れ姿に関心があるのか、あまりわからないのか、議員の様子を見れば、満足であるようです。
 余程自分が、関心あれば理解できるが、議員の専門用語などもどび出して、判りずらい事もあると思うが支持者は短時間ではあまりわからないと思います。
 今、自分は、関心をもち議会活動しているこれが、議員で聴く事に集中して、いるからで以前は、寝てばかりしていた気もする。;
 通告のみで終わる議員しっかり1時間もらう人まちまちでした。
県議会の傍聴は、なかなか内容も立派な議会議員が多く、毎日でも、勉強になる事が多いです。



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.