【西尾会】 にしお弘道の活動ブログ

新しい発想と経験を生かして愛知県知多郡東浦町の“理想のまちづくり”を考えます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「超高齢化における健康づくり・街づくり」 文化センター 2016/1/23(SAT)
名古屋大学総長補佐 水野正明氏による講演会が開かれ多くの教育関係者の参加がありました。
どの世界でも経験した事のない超高齢化社会に突入している日本・・・健康寿命を延ばし一人ひとりが
世話にならず、健やかな幸せな暮らしが出来る社会を願います・・・どんな街づくりかいいか、最先端の医療
研究はどこまで…講演では非常に分りやすく説明を頂き、誰でも自分たちの出来るやるべきことは何か親切に
教えて頂きました。お互いに健康年齢を延ばしましょう・・・・有り難うございました。



刈谷総合病院   再診検査        2014/9/2(TUE)
JUGEMテーマ:日記・一般

 刈谷総合病院で内科・泌尿器科で再診察をしました。
前回の血液検査で、ピロリン菌がみられ、どうするか先生に所見を聞きましたが、
除菌するかどうかは、本人の判断で今後のこともあり除菌の薬をもらいました。
半数以上の人がおり、あまり神経質になりたくないが決断しました。
一週間の投薬で、強い抗生物質との事です結果は、三ヶ月後です。


地域フォーラムあすなろ      あいち健康プラザホール    2014/3/1(SAT)
 医療法人寿康 会が、あいち健康プラザホールで地域フォーラムあすなろで開催されました。
800名と多くの関係者が参加し介護問題の講演会に聞き入っていました。
「母に歌う子守唄 〜私の介護日誌〜」落合 恵子氏による体験講演会で今、誰もが背負う介護問題です。
お互いに在宅介護がこれからの基本であり皆がお互いに両親のことは、子供たちが自身の手でお世話することが当たり前の
義務である時代になりました。
 在宅介護が当たり前時代が来ているし早くから国も方向を出すべきで、大変遅いし何事も行き詰り出す国の姿勢を落合さんは
明確にハッキリと指摘し批判していました。
社会保障改革で年金・医療と4月からの消費税UPで簡単に解決しようとしているようですですが困った事です。
社会保障・財政再建と難問から逃げてきたツケがこらかの政治世界でしょう。




 
病院にお見舞い             2014/1/30(FRI)
 長年にお世話になり自身と同じ病気で相談に乗り、アドバイスをさせていただいた方も手術後一週間たち面会の許可がありお伺いしました。
市民病院といえ手術するのは名古屋大学の先生で4時間の大手術であったようです。
1週間たって元気になりあと2週間くらい病院でいて体調の回復を願うようです。
術後のケアが需要です仕事も大事ですが、自身の体調管理回復が必要ですあまり焦らず回復を願う次第です。


津島市民病院
名鉄電車でお見舞いに
藤田保健衛生大学病院          2013/12/12(THU)
  年末に何かとせわしい師走です身内に病院で寂しくされてる方もいてお見舞いに済ませたいと思いや出掛けました。
今近隣での大病院といえば、藤田と何かと有名です。お見舞いに伺ったお二人ともがん治療で、がん患者の多いことにはまたびっくりでした。
 同年守衛されてた方知り合いにも会ってびっくりに声けされてまたびっくり病院勤務で7年になるとか元気で活躍をされていて、頑張ってほしいです。
今、病院の本館建設がはじまり、現役の時PRしたのが思い出され懐かしい気持ちが浮かびました。 漸く各病院は立ち上げが始まり病院の包括医療制度への組織と同時にハードの病院の立替がはじまっています。
 最新鋭機器による医療で短期的治療が出来るハード・ソフトが出来る仕組みを大病院は着々と取り組んでいる姿は頼もしい限りです。

藤田


刈谷豊田総合病院と地域医療連携がはじまる 2012/04/18(WED)
定住自立圏構想がスタートし医療も刈谷豊田総合病院も大きな流れで、今後の動きも良いと思います。
高齢社会に対応した安心して暮らせる地域の総合病院で、ありがたい事です。
 病院経営は、包括医療制度ができて今迄の経営からおおきな脱皮が必要で、病院のシステム作りが必要です。
その為に各病院は、建て替えして大きな動きが近年ありました。
 日本は、高齢社会になり政府も医療福祉の費用が増大して財政危機になりつつ大きな改革をするなかで、消費税を含め税の一体改革もその一端です。
 今回、地域の医院、クリニックと刈谷豊田総合病院の紹介業務提携は、本来の医療改革になると思います。
 定期検査でたまたま検診に出かけたが以前の混雑はなく非常に空いていました。
既に紹介無しの初診料3,150円があり地域医院の検査後、中核病院での検診になったようです。
何より最先端の病院が近くで利用でき、トヨタさんのおかげと思います。
各地の公立病院は財政難で危機的なところが多くなり我が東浦は、国立長寿・刈谷豊田総合に守られて有り難く感謝を忘れがちで反省せねばなりません。


刈谷豊田総合病院
正面入口
医心伝心 刈谷豊田総合病院        2011/11/7(月)
  前立線手術して7年余になりPSAの数値も安定しており先生も1年後でもOKと今回も言われた。
血液検査でコレステロールなどの数値も出るし健康管理で今後も半年後で続ける事にした。
 今、各病院経営は厳しいが、既に包括医療制度に対応したシステムが出来たところは、良い、刈谷の場合は、
手術室改革ができたようだ又、ベットの稼働率がどうかこの2点が一番重要であります。
 病院はどう変わり、どう創るべきか経営者も、医療関係者も、建築関係者も大事な事です。
 各建物も着々と更新して現在の医療制度に対応した動きは,常にお客の満足度CS・・トヨタ方式で感心します。
 定住自立圏の将来を考えれば本当に素晴らしい病院が身近にある事は、東浦町としても大変ありがたいことです。

刈谷豊田総合病院
泌尿器科受付ブース

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.