【西尾会】 にしお弘道の活動ブログ

新しい発想と経験を生かして愛知県知多郡東浦町の“理想のまちづくり”を考えます。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
第36回中央文化展   東浦文化センター  2013/6/8(SAT)
 第36回中央文化展   東浦文化センターで開かれました。
梅雨の合間の天気日和で大勢の方々が、素晴らしい作品に目をとめて、拝観されました。
今回は、みなさんより優れた作品が多くありましたレベルUPして自信に満ちた作品展示でしたありがとうございました。

会場の文化センター




定住自立圏構想の刈谷美術館・刈谷中央図書館   2012/2/29(THU)
刈谷市と東浦町は定住自立圏構想で近くなり、美術館は、改装中で休館が続き久々の入館であった。
月末からの個展など展示で多くの作品を目にした。
中條絵画教室合同作品展は、なかなか見ごたえのある作品があった。
岩瀬良紘「ぼくの世界」では、絵葉書まで戴き、不自由な身体で、凄い努力での作品は又、感心した。
第49回三河陶芸展・・・・・プロと思える知らないが、プロに近いプロかも知れない作品であった。
皆さん大変な勉強で、ここまでの作品展示をできるであろうと思いつつ帰りました。
 この地は、8年前の刈谷総合病院に入院で、良く見せて頂いたのが、昨日のようでした。 
4月8日の桜の満開時期になると8年前の入院を思い出します。
 その後、順調の回復して20日後、無事退院の記念写真は、6号棟での田中部長、岡本先生、多くの看護師に囲まれた写真の皆さんから、
 励ましのメッセージは、我が家の宝物で居間に掲げ、自分への大きな人生の指針になっています。
これを見て身体を何時も大事にするよう反省して、皆さんに感謝しています。
 担当医の岡本先生は、手術後、3日間は、病院で待機していた事を看護師から聞いて責任感の強い女医さんでした。
今の自分があるのは、当時の先生方の献身的な事が、自身の大きく人生に勇気を頂き、健康な身体を守り続けています。
 




(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.